1. HOME>
  2. CSR

CSR

地域への取り組み

大分トリニータオフィシャルスポンサー/トリニータレディースオフィシャルスポンサー

大分トリニータ
当社は、2011年シーズンより、Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)に加盟する「大分トリニータ(株式会社大分フットボールクラブ)」のオフィシャルパートナーを務めております。
また、2012年シーズンから継続して大分トリニータレディースのユニフォーム(胸)スポンサー、2014年シーズンからは大分トリニータのユニフォーム(袖)スポンサー、2016年からはユニフォーム(背中)スポンサーを務めさせていただいております。
毎年開催される「ジェイリースサンクスデー」や「ジェイリースカップ 姫島ビーチサッカーフェスタ」への協賛など、引き続き社を挙げて大分トリニータのバックアップをさせていただきます。
当社は、これからも大分トリニータ並びにトリニータレディースへの応援を通して、微力ながら地域の社会活動に貢献し、企業の社会的責任を果たしてまいります

 

障がい者雇用への取り組み

障がい者雇用への取り組み
当社は、障がい者雇用への取り組みとして、障がいの中でも職業選択に幅が限られる「視覚に障がい」を持つ方の雇用を積極的に行っております。
また、ヘルスキーパー制度を大分県で初めて導入し、従業員の疲労回復・疾病の予防などを目的とした、あん摩・マッサージ指圧師等の国家資格免許を保有するヘルスキーパーを採用しております。
当社は、健常者と障がい者の共生を目指すと共に、障がいのある方がやりがいを持って働ける場を多くの職場の中に創出してまいります。

※大分合同新聞に掲載されました→平成27年7月22日付朝刊5面「障がい者雇用を拡大 従業員の健康増進」

 

教育への取り組み

NPO法人海外教育支援機構

 

済州島での弁論大会
「大分県海外教育支援機構」とは、「将来、アジアと日本、韓国と九州の経済文化交流の橋渡し役となる次世代の子供達を育成しよう」という目的で、平成19年に結成された海外ボランティア運動団体です。
弊社社長 中島が名誉理事長を務めており、毎年、韓国済州島にて「日本語スピーチコンテスト」を、在済州日本国総領事館が主催、済州特別自治道韓日親善協会と当機構が共催しております。
本スピーチコンテストは日本国外務省の育成事業にも指定されており、本コンテストで特別賞を受賞した上位数名を「日本国体験ツアー」へご招待しております。
この日本語スピーチコンテストへの共催は年を重ねるごとにレベルと共に認知度も上がり、多数のご応募と参加者の熱のこもったスピーチで盛り上がりを見せております。
特別賞受賞者を対象としてご招待しております日本国体験ツアーは毎年九州をメインにアジア太平洋大学のオープンキャンパス参加など次世代の国際人を育てるための体験学習をしていただいております。

 

 

環境への取り組み

地域清掃活動

7時30分頃より、お世話になっている地域社会へ感謝の気持ちを込 めて会社周辺(都町〜千代町)の清掃活動を行っています。

「誰でもできる事を、誰にもできないほど」を合言葉に、植え込みの中から自動車道路の側溝まで徹底的に清掃します。

ジェイリースは今後も地域とのコミュニケーションを大切にしながら、 早朝清掃に力を入れて取り組んで参ります。

 
 
公益財団法人日本賃貸住宅管理協会
全体賃貸管理ビジネス協会
一般社団法人 全国賃貸保証業協会(LICC)
IPPO IPPO NIPPON プロジェクト
飢餓のない世界を創る国際協力NGOハンガー・フリー・ワールド