家賃債務保証業者登録制度に登録しています。 登録番号 : 国土交通大臣(1) 第20号

保証サービスをご検討中の方

J-HOSPITAL

J-HOSPITALについて

医療機関さまにおいては、将来的に続く医療費未収金問題に加え、新型コロナウイルス感染症の影響による医療収入の減少の恐れなど、従来以上に負担を強いられています。
また、入国制限等により、一時的に外国人への未収金は減少していますが、制限解除等により、未収金が増勢に転じるリスクも孕んでいます。
さらに、2020年4月に施行された改正民法によって、連帯保証人の極度額設定が義務化となり、連帯保証人との契約手続きや説明は、よりハードルが高いものとなっています。
高齢化が進み医療の社会ニーズが高まりを見せるなか、慢性的な人手不足は医療費未収金の督促や回収を行う職員にも及んでおり、同時に職員の働き方改革が求められています。

J-HOSPITALの特徴

過去と未来に安心を「2つのソリューション」

様々なタイプの患者さまに対応

  • 入院

    保証可能

  • 外来

    保証可能

  • 無保険者

    保証可能

  • 外国人

    保証可能

  • 全ての診療科

    保証可能

債権流動化サービス(パターンA)は?

過去の債権を低コストで
流動(オフバランス)化

医療機関さまに滞留している診療報酬未収金およびその他売掛金・貸付金などの債権を流動(オフバランス)化するサービスです。 債権譲渡はジェイリースの100%子会社で行う為、安心してお取引いただけます。

サービス内容
サービス対象 B/Sに未収金を保有する医療機関さま
①回収不能に陥っている過去の未収金のオフバランス化について、
 低コストでの処理を希望する医療機関さま
②償却までに要する事務・人件費負担を軽減する選択肢を探している医療機関さま
③外部監査にて未収金処理を求められている医療機関さま
流動化対象債権 回収不能な入院・外来の診療報酬未収金及びその他売掛金・貸付金など
サービス料金 医療機関さまごとの未収金状況等を基に設定します。

医療費保証サービス(パターンB)は?

病院支払型患者支払型の2パターン

保証料病院支払型
入院患者様の医療機関様への医療費未払いが発生した場合、ジェイリースが医療費の立替を行い、入院患者様にご請求します。
保証料患者支払型
入院患者様の医療機関様への医療費未払いが発生した場合、入院サービス提供会社様と業務提携契約を結び、ジェイリースが医療費の立替を行い、入院サービス提供会社さまを通じて入院患者様にご請求します。
※ 保証料は、医療機関さまのご負担となります。

「保証料病院支払型」サービス内容

保証内容
保証対象 入院患者さまに関わる医療費用債務
※ご希望により外来患者さまも保証対象に追加可能です。
※自由診療・保険外併用療養費も対象で健康保険の有無は問いません。
※外国人も対象になります。
※すべての診療科でご利用いただけます。
保証期間 入院日(保証開始日)より退院日(保証終了日)まで
※入院期間の長短によらず「1入院」が保証期間です。
保証料 病院支払型
医療機関さまごとの未収金や回収実績を基に設定します。

「保証料患者支払型」サービス内容

保証内容
保証対象 入院患者さまに関わる医療費用債務
※保証付き入院サービスにお申し込みされた入院患者さまが対象となります。
※自由診療・保険外併用療養費も対象で健康保険の有無は問いません。
※外国人も対象になります。
※すべての診療科でご利用いただけます。
保証期間 入院日(保証開始日)より退院日(保証終了日)まで
※入院期間の長短によらず「1入院」が保証期間です。
保証料 患者支払型(医療機関さまのご負担はございません。)
入院サービス提供会社さまを通じてお支払いいただきます。

J-HOSPITAL活用事例

  • 病院側

    1. 事務の削減(入院受付・分割返済受付・督促業務・経理業務)
    2. 未収金金額・件数ともに大幅な減少効果=未収金回収の増加
  • 患者側

    1. 保証人を依頼しないで入院できる
    2. プライバシーを守れる

J-HOSPITALご利用者さまの声

医療法人智仁会 佐賀リハビリテーション病院
総務課 課長 松永様

医療費保証を導入したきっかけ

民法改正により保証人に極度額を設定することになる為、何らかの対応策を検討していたところ、ジェイリースさんからご案内をいただき、未収金の督促が減るなどのメリットも大きいと考え、導入することにいたしました。

導入後の変化は

医療費保証「J-HOSPITAL」の導入は、入院申込書の書式を少し修正した程度で、大きな作業も必要なく順調に移行できました。 導入後は入院受付でのトラブルもなく、保証人が不要になったと説明すると、患者さまには、とても好評をいただいています。

新型コロナウイルスの影響について医療費保証導入の利点

今般の新型コロナウイルスの対応で、お問い合わせ対応や、手続き対応等で、事務的にも多忙になっています。
そのような中で、保証人に関する説明が不要となる点は、入院受付事務の簡素化に繋がり、大変助かっております。

医療費保証への期待

医療費保証の導入後は、抑止力も働き、未収金が減ることを見越していますが、患者さまへの督促事務や、経理面での償却事務への合理化にも期待しています。
また、患者さまにとって、保証人を探す必要がなくなる点は、メリットとなりますので、患者さまのお手間を軽減しながら、職員の働き方改革にも繋がっていくのではと見込んでおります。


慈恵病院
事務長 齋藤様

医療費保証を導入したきっかけ

2020年4月に施行された改正民法の対応と未収金対策の両立です。
当院は殆どが他院からの紹介による計画入院ではありますが、家計を別にする2名の保証人徴求には日数を要していました。

導入後の変化は

まだ導入したばかりで、大きな変化はありませんが、保証人徴求不要としたことで手続きがスムーズになっています。
また、入院手続きを代行していただいているご家族等に対し、保証会社利用により保証人不要である旨を説明すると、 ご家族等から「支払いに関しては、病院にご迷惑はおかけしない」といったコメントをいただける事もあり、お支払いの意思を確認するきっかけにも繋がっています。

新型コロナウイルスの影響と医療費保証導入の利点

病院の立場で新型コロナウイルスに対する最も重要なことは、まずは「院内感染」を発生させないことです。
その為の最大の対策は、何よりも「人との接触機会(時間)を減らす」ことです。
この点からして、今回の医療費保証導入は、入院手続きにかかる時間短縮に効果があり、接触機会の削減に繋がっているのではないかと感じています。

医療費保証への期待

医療費保証の利用が、入院患者さまやご家族がお支払いに対する意思をしっかり持っていただく事に繋がる点と、それにより未収金発生を抑制する効果が、出ることも期待しているところです。
また今後、回収不能の未収金が発生した際には、代位弁済を受けることで、医事部門における未収金回収負担および経理面での未収金管理負担が、大幅に軽減できることも期待しています。


動画で知る

ジェイリースの強み

当社のサービスの強み、家賃保証のメリットについて、わかりやすく紹介した説明動画です。
是非お問い合わせください。

よくあるご質問

その他、
ご不明な点がある場合はこちらへ

医療費保証の商品への
お問い合わせはこちら

メールからのお問い合わせ
iryouhi@j-lease.jp

お電話でのお問い合わせは
医療費保証専用ダイヤルまで

0570-006-015